信長公450プロジェクト

2017年 織田信長公岐阜入城・岐阜命名450年

イベント情報

時計の歴史展(協賛:セイコーウオッチ株式会社)

織田信長公が生きた戦国時代、西洋の国との交易が盛んになり、高価で貴重な贈り物として機械で動く時計が日本へもたらされました。江戸時代に入ると和時計と呼ばれる日本独特の時計が登場します。明治時代になると西洋と同じ暦(太陽暦)と定時法(1日24時間)が導入され、私たちが良く知っている洋時計がつくられるようになりました。現在日本では、世界的に優れた製品が製造されています。
本展では、様々な時代に作られた時計を展示し、「時」の歴史をご紹介します。

 

●日時:平成29年5月27日(土)~6月11日(日)午前10時~午後7時 ※ただし5月30日(火)は休館日

●会場:みんなの森 ぎふメディアコスモス みんなのギャラリー(岐阜市司町40-5)

●観覧:無料

※5月28日(日)から、会場で信長公450プロジェクトオリジナル腕時計を販売します。

 450記念オリジナル腕時計を販売!!

 

 

関連イベント「時と暦のシンポジウム ~信長公と時、暦~」枕時計

戦国期の時の把握の仕方を導入として、日本における時計の変遷や「時計の歴史展」についての講演、日本における暦の変遷についての講演を背景に、信長公と時計にまつわるエピソードや、信長公が改暦に拘った理由に迫ります。

 

●日時:平成29年5月27日(土)午後1時~3時

●会場:みんなの森 ぎふメディアコスモス みんなのホール

●定員:200人(観覧無料、当日受付・午前10時整理券配布開始)

 

関連イベント「腕時計作り体験」

セイコーミュージアムの人気イベント。時計職人の指導により専門の道具を使って、オリジナルの腕時計を制作してみませんか。組み立てた時計をお持ち帰りいただけます。

●日時:平成29年5月28日(日)午前11時~・午後2時30分~(各回10人/定員)

    平成29年6月10日(土)午前11時~・午後2時30分~(各回15人/定員)

●会場:みんなの森 ぎふメディアコスモス かんがえるスタジオ

●参加:2,000円(材料費含む)

 

 

 

 

seiko_s  gs_logo_s  museum_s

 

TOPへ戻る