信長公450プロジェクト

2017年 織田信長公岐阜入城・岐阜命名450年

岐阜市信長公450プロジェクト

岐阜市信長公450プロジェクトについて

戦国武将・織田信長公は、1567年から足掛け10年、岐阜を本拠地として天下平定を目指し、この地を「井口(いのくち)」から「岐阜」に改めました。また、楽市楽座を開き、鵜飼の保護を行うなど、現在の岐阜市の礎は、信長公によって築かれたのです。

これまで岐阜市では、信長公“地域固有の宝”として、まちづくりに取り組んできました。

このような中、2017年は、1567年に信長公が岐阜に入城し、岐阜と命名してから450年を迎えます。

岐阜市では、2017年1月1日から12月31日までの期間に実施する周年事業の実施を通じて、「信長公ゆかりのまち・岐阜市」を都市ブランドとして発信し、将来にわたる観光振興、地域活性化を目指す「岐阜市信長公450プロジェクト」を推進しています。

 

当ホームページにおいて、随時、イベント情報をお知らせしていきます。

この機会に是非、岐阜市へお越しください。

 

 周年期間:2017年1月1日から12月31日まで

 

 

               ロゴマークのみデータ(カラー)           キャッチフレーズのみデータ

 

 

 

Gifu City Nobunaga 450 Project

From 1567, nearly 10 years the warlord of the Sengoku (Warring States) period Oda Nobunaga was based in Gifu to unify the nation, and changed the name of this land from “Inokuchi” to “Gifu”. Nobunaga built current foundation of Gifu City, held Rakuichi Rakuza and protected Ukai (cormorant fishing).

 

Until today, Gifu City has been calling Nobunaga as “Precious of local”, and has been building the town.

 

It will be 450 years in 2017 since Nobunaga seized Gifu and named this land Gifu in 1567.

 

In Gifu City, we promote “Gifu City Nobunaga 450 Project ” to achieve restored tourism and regional vitalization in the future through transmitting “A town of Nobunaga – Gifu City” as a city brand from 2017 January 1st to December 31st.

 

We keep updating our event information constantly.

 

Please come and visit Gifu City at this opportunity.

 

Yearly period: 2017 January 1st to December 31st

TOPへ戻る