はじまりは織田信長。管理人がカジノアプリをはじめるまで

尾張の織田信長といえば誰もがよく知る戦国武将。武将といえばまず信長公を思い浮かべる方も少なくないでしょう。生まれは1534年、尾張の勝幡城で生まれて、現在の名古屋市へと移動しました。信長が元服したのは1546年。名前を織田三郎信長と変え、その後父の死に際して18歳で家督をつぐこととなり、上総介を名乗るようになりました。当所の信長はその粗暴なふるまいから「大うつけ者」と呼ばれており、織田家一族には信長から離反するものも多かったといいます。そんな信長の素行をひどく嘆いていたのがお傅役の平手政秀。信長をいさめるために自ら命を絶ちました。信長は深く後悔し、政秀寺を建立して、その菩提を弔いました。その後、信長は尾張を統一し、1560年・永禄3年には、「東海の雄」と言われた駿河の今川義元の大軍約2万5千人を2千人程度の兵で襲撃し、義元の首級を挙げました。これが有名な「桶狭間(おけはざま)の戦い」です。この勝利で信長の武名は全国に知られることとなりました。

 

その後信長は美濃攻略へと取り掛かります。1562年(永禄5年)に松平元康(のちの徳川家康)と盟約を結び美濃攻略を開始。東美濃にある斎藤方の城を攻略しました。龍興はその後、越前の大名朝倉義景に属し、のちに信長と戦い討死しました。1576年に信長は安土に居城を築きその本拠を移しました。安土城の城下町には13カ条の掟が公布され多くの商人があつまり繁栄しました。その後尾張・美濃両国は嫡男の信忠が支配しました。信忠は各地に転戦して軍功をたて1574年(天正2年)には伊勢長島の一向一揆討伐で名を馳せました。武田氏の属城であった美濃の岩村城も攻略し信長後継者として認知されるようになりました。一方信長は安土城に移ったのちも順調に出世し正二位にとなりました。後に甲斐の武田氏を滅ぼした後、毛利勢と対峙していた秀吉を助けに行く途中に泊まった本能寺で家臣の明智光秀に襲われ自刃しました。

はじまりは織田信長。管理人がカジノアプリをはじめるまで

信長のその、華々しくも儚い生涯を思うといつもやりきれなくなる管理人は生粋の信長ファンです。子供の頃に一番夢中で遊んだゲームといえば「信長の野望」だし、一番はまったスロットは「天下布武」です。特にスロットの天下布武は好きな戦国武将が出ることもありずいぶんとのめりこみ、そこから様々なギャンブルを楽しむようになるきっかけとなりました。最近はスロットはめっきりしなくなり、もっぱらスマートフォンのカジノアプリを楽しむようになりました。PC端末でオンラインカジノもプレイしていましたが、今はほとんどカジノアプリのみです。いつでもどこでもプレイ出来て手軽だし、豊富なボーナスも見逃せません。なによりゲームの種類がたくさんあるから飽きないのが最大の魅力化もしれません。ブラックジャック、ポーカー、スロット、バカラ、ルーレットといった定番のゲームに加えてアプリごとに個性的なゲームが用意されています。

カジノアプリと信長02

管理人はほぼスロットばかりですが、色々簡単に試せるのはいいですね。上のサイトからカジノアプリについてはサクッと学べるので一読しておく価値はあるでしょう。信長好きが高じてすすんだギャンブルの道(笑)今のところ非常に満足しています。信長が存命の頃は、もちろん彼は賭博を愛していたことでしょう。当時だと花札や丁半博打になるのでしょうか。信長公の性格から想像するに、きっと大胆な賭け方をしていたに違いありませんね。勝つときは誰よりも大きく勝って、負けるときもきれいさっぱり負けてしまうような、そんな博打うちだったのではないかと思います。管理人はどちらかというと保守的で、ちびちびとプレイを楽しむ方ですが、たまにはそんな信長公にあやかって、大きな勝負に出てみたいと思います。スロットしかやらないといっても、そのスロットだけでも種類は盛りだくさん。一世一代の大勝負をする台選びが今から楽しみです。7